他の業者にも見積りは取った方がいいの?

複数の業者に見積りを取りましょう!ということはよくいわれていることですが、これは本当です。特に以前にも引越しをして、また同じ業者を使うために料金が割引になるという特典がある以外は、いくつかの引越し会社から料金をもらってみるようにしましょう。

引越し会社は、少しでも早めに空いている時間に仕事を入れたいと考えていますが、同時にできるだけ1件の引越しあたりの金額も高く受注したいと考えています。

引越し料金には定価と言うものがないため、悪質なところになると大体の相場料金の倍額を取られてしまうことだってあるのです。

最初見積りを8万円で提示してきたのに、「他社にも見積りを取ってから検討してみます。」と返答してみたら、「では、4万円で何とかできるようにします。」となることも多いのです。

その4万円の差は一体何だったんだ???という疑問がわいてきますが、できれば少しでも高く仕事を請けたいけど、他所の会社にはお客さんを取られたくないという思いがあるためです。

利用者からすれば単純に4万円の損になるので、絶対に、避けたいですよね。「各地からの引越し料金情報を紹介!」などのサイトで引越し料金の口コミ情報を見ると、見積りをいくつかの会社にお願いしたら、なんと半額にまで下がったという声が多くなっていますよ。

エアコンの脱着にもお金がかかる

エアコン取り外し、取り付けにも料金がかかってしまいます。引越し会社によってですが、作業自体は引越し会社が行いますが、エアコンの着脱については他の業者がするというケースがあるのです。そこの連絡がうまくいっていないということもよくあるため、エアコン自体は到着しているのに、引越し業者提携の業者が来ない・・・・という体験をしている人が多いです。

引越し作業は何時に終わって、エアコンの着脱業者は何時に来るのか?ということをしっかり引越し会社の担当者と詰めておかないと、例えば冬場などに寒い思いをしてしまう可能性もあります。

エアコンの着脱の料金ですが、オプションとして価格を提示しているところが多く1台につき、1万円〜2万円という価格設定になっていることが多いですよ。

道路幅なども見積り額に影響することって本当?

新居、旧居問わず、目の前の道路の状況なども見積り額に影響してきます。一戸建て住宅、アパート、マンションなど、玄関のすぐ前などにトラックを止めることができる環境であれば問題はありませんが、特に市街地などの場合は、細い道の中に住居があるということもしばしばです。その場合は、トラックが駐車できる場所までの搬送となるので、その分作業に時間がかかることになりますから、料金が通常よりも高めになります。

注意したいのが電話での見積りのみだと、その環境に関する情報が引越し会社に伝わらないので、当日になって大幅な作業遅延が起こってしまい、その分の追加料金を請求してくる引越し会社などもあるようです。

当日に作業員が訪れてみて、これは無理だと判断された場合引越しを断られるということも、ぜろではありませんから心配な場合はなるべく訪問見積りをするのがいいでしょう。電話だけでどうしても見積りを済ませたい場合は、トラックの駐車スペースの確保が心配な旨を事前に伝えておくのがいいでしょう。